タイプ別に選ぶ整形の施術|ふっくら美しいフェイスラインをヒアルロン酸注入で作る
レディ

ふっくら美しいフェイスラインをヒアルロン酸注入で作る

タイプ別に選ぶ整形の施術

ウーマン

セルフケアを過信しない

ニキビができてしまった場合、症状が進行して炎症を起こしたり膿を持ってしまうとニキビ跡が残ってしまうことがあります。ニキビ跡はニキビの段階よりも改善が難しいとされていますので、少しの間セルフケアを行ってみても一向に良くならないと感じたら、早急に整形の治療を検討しなければなりません。誤ったケアを続けていると、更に酷いニキビ跡ができてしまって治療が長引く恐れもあります。跡になっている時には外的刺激に対して非常に弱くなっていますので、ケア自体が肌を傷める原因になる恐れもあります。正しいケアが行えているかどうかの判断も難しいものですので、治療法に不安を感じたら現在の正しい状況を把握するためにも専門の施設に出向くべきです。

凸凹の跡にも対処できる

ニキビ跡にもいくつかの症状がありますが、もっとも治療が難しいとされているのが凹凸のあるタイプです。凹凸がある場合には影響が真皮にまで達していますので、通常自宅で行っているようなケアでは改善することが難しくなります。選択肢の一つとして、レーザー治療はとても有効です。肌の深い部分まで到達できるレーザーを使えば、コラーゲンを増やして肌細胞の生成を促し、凸凹とした後も徐々に改善することができます。凹凸のあるニキビ跡にはケミカルピーリングもよく効きます。弱い酸の力を利用し、肌表面を溶かして排出させるピーリング剤は家庭用のものもありますが、ケミカルピーリングの効果は非常に高いので、数回の施術で様々な肌トラブルを改善できます。

Copyright© 2016 ふっくら美しいフェイスラインをヒアルロン酸注入で作る All Rights Reserved.